カテゴリー別アーカイブ: 女性ホルモン、貧血、冷えなど

末端冷え性はアユーラの入浴剤 生姜香草湯で乗り切るの

モコモコ靴下を履いても、

モコモコのルームシューズを履いても、

モコモコのルームウェアを着ても、

私の足先は氷のように冷たく、

夫には氷のように冷たいまなざしを向けられる今日この頃、

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

ああ、早くあったかいお風呂に浸かりたい・・・。

お風呂が恋しい季節ですね。

 

 

足先が冷たい末端冷え性の私は、入浴剤にこだわりがあります。

寒い時期に特にお気に入りなのが、アユーラの生姜香草湯。

ここまで科学技術が進歩しても、

結局のところ生姜が一番なんですね!

その中でもアユーラの生姜香草湯は、

今まで使ったことのある入浴剤の中で、

一番体が温まる気がします。

つま先からじわじわと温まって、

お風呂から上がってもポカポカが持続。

ポカポカしているうちにお布団に入れば、

もう熟睡間違いなしです。

 

 

アユーラの生姜香草湯の香りは、ジンジャーオレンジの香り。

生姜の香りはそんなに強くなくて、柑橘系がメイン。

「ほっ」と安らげる香りなので、

ついつい入浴時間が長くなってしまいます。

夫に、『妻のお風呂が長すぎる』

と知恵袋に相談されてしまいそうです。

 

今まで、アユーラの入浴剤は、

メディテーションバスαが大好きで、そればかり使ってました。

でも、寒い季節には、生姜香草湯ですね!

メディテーションバスαは、

香りが良いというのが一番の特徴で、

リラックス効果が高く、年中いつ使ってもいいけど、

生姜香草湯は、内臓までしっかり温まってそうな感じ。

寒いと、肩に力が入るからか肩こりがひどくなりがちですが、

全身のコリもほぐれるような気がしています。

 

生姜ってなんか凄くないですか

生姜ってなんか凄くないですか

感動したので2回言ってみました。

アユーラオンライン

 

 

 

 

 

女性ホルモンが配合されたクラブ ホルモンクリーム

ドラッグストアに行ったときに見つけた「クラブ ホルモンクリーム」。

色使いといいデザインといい、レトロな雰囲気が漂うパッケージは、

商品棚の一番下の段にひっそりと置かれているにも関わらず、

神秘的な輝きを放ち、ひと際目立つ存在感でありました。

 

クラブ ホルモンクリーム

 

「妖しい・・・」

妖しすぎて目を離すことができなくなってしまい、

箱を手に取ってみました。

箱の側面に書いてある説明書きを読むと、

女性ホルモンが配合されたクリームであることがわかりました。

女性ホルモンが配合されたクリームとはめずらしい!

加齢とともに減少してしまう女性ホルモンが気になるお年頃。

アラフォーの私は、

「女性ホルモン」というキーワードに敏感なのです。

 

クラブ ホルモンクリーム 女性ホルモン配合

 

見れば見るほど魅かれてしまう・・・もはやカリスマ性さえ感じます。

説明書きの、

「さわやかな感触もなによりです。」

っていう一文も気になるではありませんか。

さわやかな感触のクリームって、どんな感触なのかしら・・・。

 

クラブ ホルモンクリーム

 

女性ホルモンが配合された非常にレアなクリームであるというのに、

600円というお手頃プライス。

これは買ってみるしかないでしょう。

 

クラブ ホルモンクリーム 女性ホルモン配合

 

家に帰り、さっそく箱を開けてみました。

中から、ピンク色のこれまたレトロなムードの容器が出てきました。

コロンとした形のプラスチック容器です。

可愛らしいデザインに、心がときめく私でした。

 

レトロな容器 クラブ ホルモンクリーム

 

どこから見ても、レトロ。

クラブ ホルモンクリームは、昭和10年に発売になったみたいですよ。

もう80年以上も販売され続けているのに、

一度も見たことがなかったとは不思議です。

容器は、発売当初から変わっていないようなので、

このレトロな雰囲気は作り上げたものではなく、

「本物のレトロ」ということのようです。

 

クラブ ホルモンクリーム 女性ホルモン配合

 

香りは、好き嫌いがはっきり出そうな気がしますねぇ。

なんだか懐かしい感じの香りで、けっこう強めです。

「この香り知ってる気がするんだけど、なんだったかなぁ・・・」

と遠い昔の記憶まで思い返してみてわかりました。

小学生の頃に集めた香りつきティッシュのような香りです(笑)

あと、昭和の頃の石けんで嗅いだことがある気がします。

香りが苦手な人は、

微香性タイプ(ほのかなローズの香り)っていうのがあるみたいなので、

そちらを選んだ方が良さそうな気がします。

ちなみに私は、何回か使っているうちに慣れました。

 

硬めのクリームですが、ふわふわと伸びる不思議なテクスチャーです。

クリームなのに油分をあまり感じず、

さらりとなめらかな肌触りに整います。

「さわやかな肌ざわりってこういうことね」

と納得できるテクスチャーでした。

さらさらの肌状態が長く続くので、皮脂を抑えてくれるように感じます。

ニキビにも効果がありそうな気が。

 

よく見るとクリームにパール感があって、

肌につけると艶っぽく見える効果があるように思います。

つけた直後は、おしろいをつけたように白く明るい肌色になり、

くすみや毛穴をカバーしてくれている感じ。

美肌に見せてくれる効果がありますね。

時間が経つと、白さはなくなって、明るさだけが続きます。

 

クラブ ホルモンクリームの最大の特徴は、

なんといっても女性ホルモン(エチニルエストラジオール:保湿成分)

が配合されているところ。

肌荒れから肌を守ったり、

肌にツヤとハリを与えてくれる効果を期待できますよ。

女性ホルモンが配合された化粧品はとてもめずらしく、

見かけることはほとんどないです。

それだけ、女性ホルモンを化粧品に配合するのは

難しいことみたいですね。

そう考えると、クラブ ホルモンクリームは、

80年以上も前からあるので、随分と先取りしたコスメだと感じます。

使い出して間もないですが、今のところ、

さわやかな肌ざわりと、

つけた直後の美肌に見える仕上がりが気に入っています。

amazon クラブ ホルモンクリーム

 

amazon クラブ ホルモンクリーム(微香性)

 

 

 

 

 

夫婦喧嘩はPMSのせい?ルナテアを飲むことに

昔から、生理前になると、

いつもなら笑って流せることが許せなかったり、

ちょっとしたことで落ち込んでしまったり、

穏やかに過ごせないことが多くて気になってました。

生理前に夫と喧嘩することが多いので、

気のせいとかじゃないと思いますガルル。

他にも、思考がネガティブになってしまったり、

肌荒れしてしまったり、カラダが重かったり、

寝ても寝ても信じられないほどの眠気があったり、

お腹の調子が悪くなったりと、とにかく調子が悪くなるんですよね。

こういう、生理前の心とカラダの不調のことを、

PMS(月経前症候群)って言うんですってね。

生理の2週間前後から始まるらしいですよ。

 

PMSの代表的な症状は、

イライラ
怒りっぽい
憂鬱
情緒不安定
集中できない
やつあたり
肌荒れ
疲れ
むくみ
胸の張り、痛み
眠気
腹痛
腰痛

などなどいろいろあって、

その時の環境や精神状態によって違ったりするんだとか。

不調の種類は、200以上もあるって言われているらしいですよ。

 

どちらかというと、20代のうちは、

胸の張りとか下腹部の痛みだったり、頭痛など、

カラダの症状が出ることが多いんだとか。

30代になると、精神的に不安定になったり、

攻撃的になったりと、心の症状が出やすい傾向なんだそう。

年齢によってもPMSは変化するそうです。

私は40代(トホホ)ですが、以前に比べて、

下腹部痛とか吐き気というカラダの症状は少なくなってきてますね。

情緒不安定系が多い気がします。

 

生理前から生理中にかけて、

体調や肌の調子は良くないし、気分ものらないし、

ずっとブルーな感じなんですけど、

病気じゃないですしね、特になにも対策してませんでした。

まぁ、こういう体質なんだろうとあきらめてたといいますか。

でも最近、

生理前の不調を改善してくれるハーブティー

があることを知ったんですよ。

ハーブティー、つまりお茶ですよね。

お茶だったら抵抗ないなぁと思って、飲んでみることにしました。

 

ルナテア PMS

 

生理前の不調を改善してくれるというハーブティー、

それは、このルナテアというお茶です。

チェストベリーっていう成分が配合されています。

チェストベリーは、チェストツリーとかいうハーブの実で、

女性特有のトラブル全般に効果があるみたいですよ。

そういえば、生理痛に効くって聞いたことあるなぁ。

医薬品でも推奨されている成分なんですって。

 

ルナテア PMS

 

ルナテアは、1箱に30包入りです。

チェストベリーの配合量がね、すごいんです。

1包に、推奨量の40gがしっかり入ってます。

生理中も生理じゃないときも、毎日1日1杯ルナテアを飲みます。

毎日継続して飲むことが、効果実感の秘訣なんだとか。

 

ルナテア PMS

 

1包をカップに入れて、お湯を注いで出来上がりです。

ちょっとぼやけて写ってしまいましたが、

紅茶みたいな色をした飲み物です。

フガフガ香ってみると、ショウガとレモンの香りがします。

ショウガが入っているので、体の冷えにも良さそうです。

体が冷えると生理痛になりやすいし、肩も凝りやすくなりますからね、

ショウガはいいですよ、私はあんまり好きじゃないですけどね。

でも体のためです、ちゃんと飲もうと思います。

味はですね、はちみつレモンみたいな体に良さそうな味です。

甘味の奥に、かすかに苦みを感じますね。

その苦みのせいで、ちょっと薬っぽい気分にはなりますね。

でも、不思議と気持ちが落ち着く味で、

ゆったり味わいながら飲めます。

やはりショウガが効いてるからか、体がすぐにあたたまってきます。

 

効果効能は、2~3ヶ月程度続けた後に実感する人が多いらしいです。

私の場合は、

生理前に夫婦喧嘩をしなくなったら効いてきた証拠でしょうか。

さて、まだ1箱目ですが、どうなるでしょうか。

ただでさえ、生理前で調子が悪いのに、

夫婦喧嘩なんてした日には、ほんと地獄です。

夫も、私のイライラが乗り移るのかピリピリし始めて、

雰囲気は重苦しいし、最悪ですよ。

PMSを改善して、穏やかな日々を過ごしたいものです。

 ルナテア

 

 

 

 

 

冬にオススメな入浴剤 アユーラの生姜香草湯

体が冷たくて、特に足首から下なんて氷みたいに冷たくて、

早くあったかいお風呂に浸かりたい・・・。

お風呂が恋しい季節ですね。

最近、気に入っている入浴剤をのせてみます。

 

アユーラ 入浴剤 生姜香草湯

 

アユーラの生姜香草湯。

これは、今まで使ったことのある入浴剤の中で、

一番体が温まる気がします!

つま先からじわじわと温まって、

お風呂から上がってもポカポカが持続。

 

アユーラ 入浴剤 生姜香草湯

 

アユーラの生姜香草湯の香りは、ジンジャーオレンジの香り。

生姜の香りはそんなに強くなくて、柑橘系がメイン。

ほっとする香りで、安らげます。

 

今まで、アユーラの入浴剤は、

メディテーションバスαが大好きで、そればかり使ってました。

でも、冬に使うなら、生姜香草湯の方が好きかも!

メディテーションバスαは、香りが良くて、

リラックス効果が高いので年中いつ使ってもいいけど、

生姜香草湯は、内臓までしっかり温まってそうな感じ。

寒いと、肩に力が入るからか肩こりがひどくなるんだけど、

全身のコリもほぐれるような気が。

皮膚もしっとりなめらかになるし、寒いときはこっちかも。

アユーラオンライン

 

 

 

 

 

亜麻仁油にハマりだしました

最近ハマってる亜麻仁油

あまり魚を食べないので、亜麻仁油でオメガ3必須脂肪酸を摂ろうかと。

 

亜麻仁油 セレブ油

 

オメガ3必須脂肪酸は、

青魚(イワシ、サバ、マグロなど)やサケなどに豊富に含まれていて、

厚生労働省も1日1.6g以上の摂取をすすめているくらい、

必要なものなんですよね。

魚、嫌いじゃないんですけどね、

あんまり食べないんですよねぇ。

マグロといえばお寿司って気がしますけど、

お寿司屋さんも自分からはあまり行きたくならないですし・・・。

魚をそんなに食べなくても、

亜麻仁油でオメガ3必須脂肪酸を摂取できるなら、こりゃ楽だなと。

それに、海外では「セレブオイル」と呼ばれていて、

セレブ達の美容と健康の維持に重宝されている油だって言うし、

なんだか良さそうじゃないですか。

 

セレブ油

 

リバランドの亜麻仁油「セレブ油」

1日、スプーン1~2杯で必須脂肪酸のバランスをとることができるそう。

味噌汁やスープにサッとかけたり、サラダにかけたりして、

スプーン1杯くらいは必ずとるようにしています。

味噌汁やスープにかけるとコクが出る気がします。

サラダにかけると、ちょっぴり苦味を感じますかね。

サラダの上からセレブ油をまわしかけて、

クレイジーソルトをふりかけるだけなんですけど、

苦味がちょっとしたアクセントとなって、おいしく食べられます。

オメガ3脂肪酸は、熱に弱くて加熱ですぐに酸化してしまうので、

加熱した食品に使う場合は、調理後にかけるのがお約束。

パスタにも合いますが、盛り付けしてからかけるのがベストです。

 

亜麻仁油に期待できる効果は、

アトピー、アレルギー症状を緩和する効果

血液の流れを改善する効果

不妊、生理痛、更年期障害を改善する効果

生活習慣病を予防したり改善する効果

学習能力や記憶力を向上させる効果

美肌への効果

便秘解消効果

免疫力を高める効果

うつ病、自律神経失調症など精神疾患の予防・改善効果

片頭痛の予防・改善効果

リウマチ、気管支炎などの炎症を抑える効果

などがあるそうですよ。

 

必須脂肪酸は体内で作ることができないらしいので、

意識して摂取することが大切ということですね。

健康にも美容にも良さそうっていうのもあるけど、

なんか好きな味です。