カテゴリー別アーカイブ: 悩み別

末端冷え性はアユーラの入浴剤 生姜香草湯で乗り切るの

モコモコ靴下を履いても、

モコモコのルームシューズを履いても、

モコモコのルームウェアを着ても、

私の足先は氷のように冷たく、

夫には氷のように冷たいまなざしを向けられる今日この頃、

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

ああ、早くあったかいお風呂に浸かりたい・・・。

お風呂が恋しい季節ですね。

 

 

足先が冷たい末端冷え性の私は、入浴剤にこだわりがあります。

寒い時期に特にお気に入りなのが、アユーラの生姜香草湯。

ここまで科学技術が進歩しても、

結局のところ生姜が一番なんですね!

その中でもアユーラの生姜香草湯は、

今まで使ったことのある入浴剤の中で、

一番体が温まる気がします。

つま先からじわじわと温まって、

お風呂から上がってもポカポカが持続。

ポカポカしているうちにお布団に入れば、

もう熟睡間違いなしです。

 

 

アユーラの生姜香草湯の香りは、ジンジャーオレンジの香り。

生姜の香りはそんなに強くなくて、柑橘系がメイン。

「ほっ」と安らげる香りなので、

ついつい入浴時間が長くなってしまいます。

夫に、『妻のお風呂が長すぎる』

と知恵袋に相談されてしまいそうです。

 

今まで、アユーラの入浴剤は、

メディテーションバスαが大好きで、そればかり使ってました。

でも、寒い季節には、生姜香草湯ですね!

メディテーションバスαは、

香りが良いというのが一番の特徴で、

リラックス効果が高く、年中いつ使ってもいいけど、

生姜香草湯は、内臓までしっかり温まってそうな感じ。

寒いと、肩に力が入るからか肩こりがひどくなりがちですが、

全身のコリもほぐれるような気がしています。

 

生姜ってなんか凄くないですか

生姜ってなんか凄くないですか

感動したので2回言ってみました。

アユーラオンライン

 

 

 

 

 

手のアンチエイジングにはナールスロゼ

肌寒い日が増えてきましたね。

肌や唇が乾燥しやすくなってくるので、

保湿ケアをしっかりしましょう。

あと、手ですね。

手のカサカサが目立ってくるのもこの季節。

顔はメイクでなんとなく若々しく見せることが出来たとしても、

手は難しい。

手って歳が出るんですよねぇ・・・。

そう、手のエイジングケアこそ、

おろそかにするわけにはいかないのです。

 

私は、手の甲の乾燥がとにかくひどく、

キメの粗さも気になるし、シワシワっぽいし、

もう本当に恥ずかしい!

人前で手を出したくないくらいです。

あぁ、透明感のあるみずみずしい手の人がうらやましい。

手にコンプレックスを抱えている私なので、

ハンドクリームにはけっこう厳しいです。

今まで数えきれないほどのハンドクリームを使ってきましたが、

認めているハンドクリームは、2本程度です。

今日は、最近特に気に入っているハンドクリームを

ご紹介したいと思います。

 

 

ナールスロゼ、というエイジングケアハンド美容ジェルです。

もうこれは、「ハンドクリーム以上のパワーを持っている」

と言っても良いでしょう!

 

手の老化の原因のひとつに、コラーゲンの減少というのがあります。

コラーゲンの減少は、

紫外線を浴びることや加齢によって起こるのですが、

紫外線は日焼け止めを塗るなどして予防できたとしても、

加齢は防ぎようがありませんよね。

つまり、コラーゲン減少をくい止めることが、

手の老化を防ぐのに最適なケアとなります。

コラーゲン減少をくい止めるにはどうしたら良いか・・・

私は、ナールスロゼをこまめに塗ることを選びました。

なぜならナールスロゼには、

コラーゲン生産を促進する成分「ナールスゲン」が配合されているからです。

保湿しながら老化予防もできるなんて、すばらしい。

ちなみに「ナールスゲン」という成分は、

京都大学で発見されたそうですよ。

 

 

 

使い心地のほうですが、

ナールスロゼは、ハンドクリームのようにしっとりはしますが、

それにプラスしてハリが出ます。

乾燥してシワシワになっていた手がふっくらして、

ツヤも出るから、手が綺麗に見える気がします。

みずみずしい使用感のジェルなので、べたつきはゼロ。

つけた後は、さらさらの肌触りです。

それなのに、キメの粗さやシワがなめらかに落ち着いて、

すべすべに潤います。

 

ハンドケアアイテムとしては少々お値段が・・・、

と最初は思ったんですけど、

使ってみたら納得のプライスで、とっても気に入っています。

今までのハンドクリームで満足できなかったという人に、

是非試してみて欲しいアイテムです。

年齢を感じさせない手肌のエイジングケアのために【ナールスロゼ】

 

 

 

 

 

背中のべたつきやポツポツケアに使っています

資生堂のアクアレーベル ホワイトニングゼリーエッセンス を

背中に使うのが気に入っています!

背中のべたつきとかプツプツが気になっていたけど、

お風呂上りにホワイトニングゼリーエッセンスをつけると、

ひんやり冷たくて気持ちいいし、肌はすべすべになるしとても気に入っています!

 

 

つけた直後はしっとりするけど、すぐにサラッとしてきます。

すべすべの状態を長くキープしてくれるので、

べたつきが気にならなくなりました。

 

 

私はパッティングスポンジで、

パタパタとパッティングしながらつけています。

単品でも販売していますが、

ちょうど今、限定のセットが出ていて、

ホワイトニングゼリーエッセンスだけのお値段で、

パッティングスポンジがセットになってついてきました!

手でつけるよりも、毛穴が締まるような感じがします。

肌と毛穴を引き締める顔用のオールインワンですが、

背中のケアにオススメです。

 ワタシプラス 資生堂

 

 

 

 
 

手の見た目年齢が気になるときはナールスロゼ

手荒れをしていたり、乾燥がひどいと、

人前で手を出すことが気になってしまいますよね。

私の手は、キメの粗さも気になるし、乾燥しすぎてシワシワっぽいし、

もう本当に恥ずかしい。

しなやかでうるおった手を見ると、心底うらやましくなってしまいます。

ハンドクリームをつけてみても、

しっとりはするけど、しなやかにはならなかったり。

満足のいくハンドクリームに出会うため、

今まで何十個ものハンドクリームを買い集めてきました。

そんな中で、唯一、満足しているハンドクリームがこちら。

 

ナールスロゼ

 

ナールスロゼっていう、エイジングケアハンド美容ジェルです。

ハンドクリームのようにしっとりするけど、

それにプラスして、ハリが出るんです。

乾燥してシワシワになっていた手がふっくらして、

ツヤも出るから手がとても綺麗に見えるんです。

 

ナールスロゼ 手の年齢肌

 

ナールスロゼはジェルだから、

ハンドクリームよりもみずみずしい使用感で、べたつきはゼロ。

つけた後は、さらさらの肌触りです。

それなのに、キメの粗さやシワがなめらかに落ち着くほど、

すべすべに潤います。

手が綺麗に見えるのはかなり嬉しいです。

 

手の見た目年齢が気になる人や、

手荒れが気になる人、

ハンドクリームで満足できないという人に、オススメですよ。

エイジングケアハンド美容ジェル【ナールスロゼ】

 

 

 
 

 

女性ホルモンが配合されたクラブ ホルモンクリーム

ドラッグストアに行ったときに見つけた「クラブ ホルモンクリーム」。

色使いといいデザインといい、レトロな雰囲気が漂うパッケージは、

商品棚の一番下の段にひっそりと置かれているにも関わらず、

神秘的な輝きを放ち、ひと際目立つ存在感でありました。

 

クラブ ホルモンクリーム

 

「妖しい・・・」

妖しすぎて目を離すことができなくなってしまい、

箱を手に取ってみました。

箱の側面に書いてある説明書きを読むと、

女性ホルモンが配合されたクリームであることがわかりました。

女性ホルモンが配合されたクリームとはめずらしい!

加齢とともに減少してしまう女性ホルモンが気になるお年頃。

アラフォーの私は、

「女性ホルモン」というキーワードに敏感なのです。

 

クラブ ホルモンクリーム 女性ホルモン配合

 

見れば見るほど魅かれてしまう・・・もはやカリスマ性さえ感じます。

説明書きの、

「さわやかな感触もなによりです。」

っていう一文も気になるではありませんか。

さわやかな感触のクリームって、どんな感触なのかしら・・・。

 

クラブ ホルモンクリーム

 

女性ホルモンが配合された非常にレアなクリームであるというのに、

600円というお手頃プライス。

これは買ってみるしかないでしょう。

 

クラブ ホルモンクリーム 女性ホルモン配合

 

家に帰り、さっそく箱を開けてみました。

中から、ピンク色のこれまたレトロなムードの容器が出てきました。

コロンとした形のプラスチック容器です。

可愛らしいデザインに、心がときめく私でした。

 

レトロな容器 クラブ ホルモンクリーム

 

どこから見ても、レトロ。

クラブ ホルモンクリームは、昭和10年に発売になったみたいですよ。

もう80年以上も販売され続けているのに、

一度も見たことがなかったとは不思議です。

容器は、発売当初から変わっていないようなので、

このレトロな雰囲気は作り上げたものではなく、

「本物のレトロ」ということのようです。

 

クラブ ホルモンクリーム 女性ホルモン配合

 

香りは、好き嫌いがはっきり出そうな気がしますねぇ。

なんだか懐かしい感じの香りで、けっこう強めです。

「この香り知ってる気がするんだけど、なんだったかなぁ・・・」

と遠い昔の記憶まで思い返してみてわかりました。

小学生の頃に集めた香りつきティッシュのような香りです(笑)

あと、昭和の頃の石けんで嗅いだことがある気がします。

香りが苦手な人は、

微香性タイプ(ほのかなローズの香り)っていうのがあるみたいなので、

そちらを選んだ方が良さそうな気がします。

ちなみに私は、何回か使っているうちに慣れました。

 

硬めのクリームですが、ふわふわと伸びる不思議なテクスチャーです。

クリームなのに油分をあまり感じず、

さらりとなめらかな肌触りに整います。

「さわやかな肌ざわりってこういうことね」

と納得できるテクスチャーでした。

さらさらの肌状態が長く続くので、皮脂を抑えてくれるように感じます。

ニキビにも効果がありそうな気が。

 

よく見るとクリームにパール感があって、

肌につけると艶っぽく見える効果があるように思います。

つけた直後は、おしろいをつけたように白く明るい肌色になり、

くすみや毛穴をカバーしてくれている感じ。

美肌に見せてくれる効果がありますね。

時間が経つと、白さはなくなって、明るさだけが続きます。

 

クラブ ホルモンクリームの最大の特徴は、

なんといっても女性ホルモン(エチニルエストラジオール:保湿成分)

が配合されているところ。

肌荒れから肌を守ったり、

肌にツヤとハリを与えてくれる効果を期待できますよ。

女性ホルモンが配合された化粧品はとてもめずらしく、

見かけることはほとんどないです。

それだけ、女性ホルモンを化粧品に配合するのは

難しいことみたいですね。

そう考えると、クラブ ホルモンクリームは、

80年以上も前からあるので、随分と先取りしたコスメだと感じます。

使い出して間もないですが、今のところ、

さわやかな肌ざわりと、

つけた直後の美肌に見える仕上がりが気に入っています。

amazon クラブ ホルモンクリーム

 

amazon クラブ ホルモンクリーム(微香性)