一重まぶた、厚いまぶたのまつ毛エクステ選び

私の目は通常は一重まぶたなんだけど、

ビューラーやマスカラを使ってまつ毛を上に持ち上げると二重になるの。

なので、まつ毛がうまく上がらない日は地味な顔だし、

逆にまつ毛がすごくうまく上がると、その日はパッチリ目に仕上がる。

その日のアイメイクの仕上がりによって、顔が全然違う。

まぶたが厚くて、まつ毛の生え際が隠れてしまうほどなので、

まぶたに打ち勝つほどの、

パワーのあるマスカラを今まで探し求めてきていたのだけど、

39歳アラフォーの私、そろそろ抵抗することに疲れてしまった・・・。

毎日ビューラーとホットビューラーを駆使して、

短くて下向きのまつ毛を、厚いまぶたに逆らって持ち上げる。

気がつけばその作業だけで30分経過していることもあり、

なぜこんなに苦労しなければならないのかと、自分のまぶたを恨む。

 

そこで、最近始めたのがまつ毛エクステ。

まつ毛エクステだったら、毎朝ビューラーで時間をとることもなく、

メイクがとっても楽になるはず。

そう思って始めたけど、最初は長さもカールも、

何をどうしたら一番良いのか分からなかった。

お店で見本などを見せてもらっても、

いまひとつよくわからなくて、

「みなさんいろんなパターンで試して、自分に合ったものを見つけておられますよ」

というアドバイスを受け、いろんな長さやカールなどを試してみているところ。

私と同じように、一重まぶただったり厚ぼったいまぶただったりする方の、

まつ毛エクステのデザイン選びの参考になればいいなと思い、

今まで試したデザインの中で、良かったと思ったものと、

いまひとつかなと思ったものを残してみます。

 

私のまぶたに合わないと思ったのは、

エクステの太さが0.15mmより細いもの。

細いものをたくさんつけても、

まぶたの重い印象に負けてしまい、目元が全然ハッキリしなかった。

 

 

これは太さ0.12mmをつけたときのもの。

なにこれ、ついてるのついてないの?って思うくらい、

インパクトが足りないくて、物足りない。

一応まぶたは上がるので、線が入って二重風にはなる。

でもさらにまぶたの厚いもう片方の目は、一重のまんま。

目力をアップするには、もっと太いエクステを選ぶ必要がありそうです。

 

 

また、カールの強いものを目尻につけるのもあまり良くなかった気が。

これは目尻にDカールをつけたときのもの。

エクステをしてから数日経ったときの写真なので、

ちょっと少なくなってきて分かりにくいんだけど、

このデザインは、メイクをしたときはまだいいけど、

ノーメイクになったときに異常に目尻が上がって見えて不自然。

一重まぶたの悪いところを強調している気がしましたね。

まぶたの真ん中は強めのカールでも、

目尻は弱めのカールにしたほうが良いみたい。

そうそう、Dカールといえば、エクステがはがれやすかった!

Dカールはカールが強いので、まつ毛と接するグルーの面積が少なくはがれやすい、

とは聞いていたけど本当だった。

私みたいに自まつげが細い人は、特にはがれやすいと思う。

太くてしっかりとしたまつげにつけるのなら問題ないと思うし、

実際私も、まぶたの真ん中のしっかりと育ったまつ毛につけたときは、

3週間経ってもしっかりついていたので、

つけるまつ毛の状態によるとは思います。

 

で、今一番気に入っているのが、

真ん中をDカールにして目尻をCカールにするデザイン。

太さは0.15mm、長さは13mm。

 

 

長さは全部一緒だけど、目尻がカール弱めなので、

目を開けたときに目尻の方が長くなって見えるデザイン。

 

同じデザインで、長さを短くしたのがこちら 

 

 

長さ11mm。

どちらも目を開けたときの画像がないのだけど、

まぶたが厚い私には、長い方が良いみたい。

ある程度長くないと、まぶたにほとんど隠れちゃうので・・・。

 
あまり参考にならなかったかもしれないけど、

まつ毛エクステは今後も続けていくつもりなので、

また気に入ったデザインが見つかったらアップしてみます。

 

 

 

<お知らせ>

MAKE BLUSH.com様のコスメガールBLOGのコーナーに、

こちらのブログ記事が掲載されています。

メイクブラシを手がけている広島筆産業様のサイトですので、

こだわりのブラシがたくさん紹介されている他、

美容に関するブログ記事や情報などが満載です

コスメガールBLOG

 


広島筆産業 | 「メイクブラシ」でナチュラルメーク