抹茶の生チョコレート

バレンタインデーの季節ですねぇ。

数日前にデパートに行くまで、

バレンタインデーのことなどすっかり忘れていました。

バレンタインデーのことを本気で忘れている自分にガッカリしつつ、

女として終わったような気分になりました・・・トホホー。

 

バレンタインデーと言えば、最近、

おいしい抹茶の生チョコレートを食べたので載せてみます。

 

伊藤久右衛門 抹茶チョコ

 

伊藤久右衛門っていう京都のお茶屋さんのもの。

「濃茶のしらべ」っていう抹茶の生チョコレートで、

最高級抹茶を使用しているらしいですよ。

 

一粒口の中に入れると、

チョコレートのまわりを覆う抹茶パウダーがほろ苦くって、

時間差で、ちょっと甘くてなめらかな抹茶チョコが溶けてきます。

抹茶の香りが鼻を抜けて、コクのある抹茶チョコがとろけて・・・

お・い・し・い!

大人の味のチョコです。

 

パッケージも素敵なので、贈り物にも喜ばれそうな感じです。

 

伊藤久右衛門 抹茶チョコ パッケージ

 

「濃茶のしらべ」は、お茶屋さんらしい和風のパッケージ。

シワ加工のしてある和紙と、赤い紐。

上質な雰囲気ムンムンで、期待が高まります。

 

伊藤久右衛門 濃茶のしらべ

 

ラッピングをほどくと、中から桐箱が。

おぉ~、なんと高級感のあるお箱でしょうか。

ますます期待が高まります。

 

伊藤久右衛門 濃茶のしらべ

 

パカッ。

蓋をあけると、こうなってます。

まだチョコレートが見えませんが、シールをはがしてペラリとすると、

ついにチョコレート登場です。

 

伊藤久右エ門 濃茶のしらべ

 

緑色!

抹茶の緑色が綺麗!

そして、円筒状の形をしたチョコレートがスマート。

 

伊藤久右衛門 抹茶チョコ

 

これね、お値段以上に見えると思いますよ。

このパッケージ、そしてパッケージの期待を裏切らない味。

すべてから上質な感じを出しています。

バレンタインデーにも良さそう。

私だったら、これをもらったら嬉しいなぁ。

誰かくれないかなぁ・・・って、私があげる側だった。

京都・宇治 伊藤久右衛門