アラフォーの私、矯正なんて始めちゃいましたよ。

始めちゃいました、なんて言ってますけどね、

もう2年ほど前からやってるんです。

歯並びをキレイにしたいというのももちろんありましたけど、

歳とともに、奥歯のすき間が気になるようになってきましてね~。

食べ物が挟まりやすくなってきたんですよ。

歯医者さんに診てもらったところ、

歯茎が痩せてきており、これは老化現象なのだとか。

 

くぅぅぅ~、

老化の魔の手はこんなところにまで忍び寄ってきていたか!!

 

ということで、私は立ち上がったのです。

老化現象だとあきらめるなかれ、

日々のケアで歯茎の若返りを目指す・・・メラメラ。

そしてこの際、歯並びも綺麗にしてしまいますわよ!!

 

というわけで、もともと歯並びを気にしていたので、

歯科矯正をしたいなぁとぼんやりとは思っていたのですが、

歯茎の老化ということが決定打となり、

このタイミングではじめました。

私がやっている矯正治療は、

ワイヤーを使ってする矯正ではなくて、インビザラインという、

透明なマウスピースをはめて行う矯正方法です。

目立たないし痛みもそんなにないし、

今のところ順調に進んでいます。

と、サラッと書いてしまいましたが、

親知らずの抜歯(合計で4本)もしてますし、

4番の歯の抜歯(合計で4本)もしてますので、

それなりに苦労はしてきました。

特に、生えていない親知らずを、

歯茎を切って掘り出す?作業は、大変だったなぁ。

まぁ、大変だったのは先生なんですけどね(苦笑)

 

そういえば、

「抜歯をして歯を動かす距離が大きくなるケースは、

インビザラインでの矯正は向かない」

という情報をネットで見ましたが、

私が通っている歯医者さんでは、

インビザラインで問題ないと言ってくれました。

実際、私の場合、

今のところインビザラインで順調にすすんでいます。

 

インビザラインで感じていることは、

まずデメリットから書いてしまいますけど、

飲食の前にインビザラインを外さなければいけないので、

外出してるときはすごく煩わしいですね。

ランチのとき、ちょっとお茶したいとき、

まずはトイレに行って、インビザラインをはずすところからです。

特にデパート内の飲食店に入ったときは、

店内にトイレがないので、一度お店を出て、

遠くのトイレまでデパート内を練り歩かなければならず、

友人を待たせます。

それに、コストコとかデパ地下なんかで試食をすすめられた時には、

試食のためにわざわざインビザラインを外しに行く気にもなれず、

かといって本当はちょっと食べたい・・・。

すごくもどかしいですね。

あとは、1日20時間以上はインビザラインをつけていないと、

歯がちゃんと動いてくれないので、

食事をした後、あまりゆっくりできませんね。

なるべく早めに歯磨きをして、

インビザラインをつける必要があります。

そんなところでしょうか。

時々、インビザラインが頬の粘膜や舌に触れて傷となり、

口内炎になってしまうことがありますが、

これはワイヤーの矯正でも同じでしょうし・・・。

 

逆にメリットと言えば、まずこれですね。

本当に気づかれにくいです。

目立つ治療がイヤ!っていう人には、インビザラインいいですよ。

あと、インビザラインさえ外せば、

何を食べてもいいですからね、その点もいいですよ。

歯磨きも今まで通りできますしね。

あとは、痛みが少ないと思いますね。

知人でワイヤー矯正をしている人がいるんですが、

「うどんを食べるだけでも痛い」

って言ってたことがありましたから。

ワイヤーの矯正装置を調整した後の数日間だけだと思いますが、

あんなにやわらかいうどんを2本ほど食べて、

「もうムリ・・・」 と言って残してましたからね。

 

インビザライン

 

こちら、今晩から装着予定のインビザラインです。

つけはじめが一番痛いんですよね。

いくら痛みが少ないといっても、

新しいインビザラインを装着したときには、

きゅーぅッとしめつけるような痛みがあります。

私の場合は、3日ほどで治まりますね。

14日間ずつで、新しいインビザラインに変えていきます。

あと1年くらいインビザライン生活が続きますが、がんばります。